グルコサミンが膝にいい理由

グルコサミンは、エビやカニの甲殻類に多く含まれる成分で、アミノ酸の一種と言われています。グルコサミンは加齢や体重増加とともに、その量が減少すると言われ、年齢を重ねれば重ねるほど、その補給が必要になります。

グルコサミンは骨と骨をつなぐクッション的な役割を果たす関節軟骨の成分であり、体内にグルコサミンの量が減少してしまうと、不健康な軟骨を生み出し、歩いたり、階段を上ったりの際の膝の痛みの原因となるのです。高齢者のほとんどが、膝の痛みに悩んでいるのはグルコサミンの減少が原因と考えられ、肉体的にも、精神的にも苦痛を感じてしまうのです。

楽天セールサイトがお得です

 

グルコサミンは、関節軟骨の成分の一つで、軟骨部分の損傷を修復するだけでなく、同じヒアルロン酸やコンドロイチンなどに保水性をもたらし、健康でみずみずしい軟骨を取り戻します。健康な軟骨は骨と骨のつなぎ目としての働きを、正常な状態に戻し、クッション的な役割を充分に果たし、膝への違和感をなくしてくれるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>